高性能・高コスパの2 in 1 PCタブレット――Chuwi Surbookのレビュー

  日本の方々にとっては「Chuwi」というブランドはまだ「Xiaomi」「Huawei」には適わないけど、ヨーロッパには大げさに言うと、有名な中華メーカーだ。

  今年5月にCHUWI開発チームはIndiegogo(グローバルクラウドファンディング専門サイト、日本のマクアケと同じもの)にクラウドファンディングを初めました。キャンペーンは7月に終了と時点に、2,600人のバッカーから100万ドル以上を調達し、予想よりも26倍の資金を調達しました。海外の高い人気が判明した。

  では今回、この「Powerful but Affordable」――高性能・高コスパとアピールされているChuwi Surbookをご紹介させていただきる。

f0390224_17580688.png

スペック

ブランド

CHUWI

モデル

Surbook

ディスプレー

12.3インチ 450nits 267Pixel

解像度

2736×1824

CPU

Intel Celeron N3450

RAM/ROM

6GB DDR3 / 128GB

グラフィックス

Intel HD Graphics 500

カメラ

5.0MPリア/2.0MPフロント

ワイヤレス

Wi-Fi:802.11a/ac/b/g/n

   2.4GHz / 5.0GHz

Bluetooth:Bluetooth 4.0

素材

フルメタル

ポート

2*USB 3.0 Type-A

1*USB Type-C

1*micro SD カード スロート

バッテリー

10,000mAh

使用期間

約8時間

サイズ

297.8*203.3*9.4mm

重量

967g

f:id:CoolKID:20171211173840p:plain
良かった

  • 2Kの高質なディスプレー

  Chuwi Surbookは2736×1824の高解像度なディスプレーを使用して、日常にタブレットを利用する人には、仕事で長時間に使用しても、そんなに目が疲れてはない。

f:id:CoolKID:20171211173901p:plain

  • 相対的な高性能CPU

  2 in 1タブレットに向け最優秀なプロセッサと認めされ、Intel最新世代のApollo Lake N3450を搭載し、これまでの「Cherry Trail」と比べて、30%の性能向上と調整された電源管理によって、より長持ちの電池表現ができる。

f:id:CoolKID:20171211174646p:plain

  • 多様なポートで、拡張性が抜群

  2*USB 3.0 Type-Aポートが配置して、マウスとキーボードを同時に接続しても大丈夫。最新のUSB Type-Cは急速充電を支持し、フォーマットの転送もご遠慮なくでもいい。それに、micro SD カードのスロートまで配置して、仕事・娯楽にも便利になった。

f:id:CoolKID:20171211173849p:plain

  • 上品なデザイン

  名前もそう思わされて、Surface Pro 4にはほぼ同じものなんだ。フルメタルのスタイリッシュな銀色の外観と研磨処理された「CHUWI」ロゴ、$500以下の価格なんで全然考えられない。

f:id:CoolKID:20171211173852p:plain

  • 最大125°まで無段階で開くキッススタンドを採用

  Surface Pro 4と同じ、Surbookは本体の裏側にスタンドが備割る「キックスタンド」を採用で、最大125°まで無段階で開くことができる。タブレットを低いところを置いて作業する場合でも、ディスプレーを大きく開けるので、視野には良くて快適だ。

f:id:CoolKID:20171211174206p:plain

  • バックライト付きのキーボードと1024段階の感圧に対応するアクティブスタイラス

  Chuwiには、Surbook専用のキーボードとアクティブスタイラスが開発していた。バックライト付きで、薄暗い場所で利用でも視野性が飛躍的に向上する。1024段階の感圧に対応するアクティブスタイラスでは、デザイナには最適。誤入力を防ぐ技術なども対応して、真面目さには感心しる。低価格のタブレットのに、こんな高質なキーボードとアクティブスタイラスを用意してくれなんで、実際には意外だ。別売りだけど、ずいぶん検討する価値がある。

f:id:CoolKID:20171211173934p:plain

イマイチ

  • Surface Pro 4と比べて、ちょっと厚くて重い。キーボードを接続して、PCとして使用すれば構わない、ただのタブレットを使用すれば、200gの差なら、無視することではない。
  • 前のHi 10 PlusHi12がと違って、単OSのWindows 10だけ搭載。

まとめ

  Windows 10 Homeを搭載、タブレット向けの最新のCeleronプロセッサー、大容量な6GBメモリ、2Kディスプレイ、大容量バッテリー、使い勝手の良いキックスタンド、バックライト付きキーボード、1024段階の感圧対応スタイラスペンなど、魅力点はいっぱい!本体だけでは$429.99が購入できる!キーボードとスタイラスペンまで付属したフルセットの128GBモデルでも$513.77と驚くほど低価格だ。

購入法

  中華ECサイトbanggood.comを経由して、安心な海外ショッピングができる。64GBのモデルも揃え、事情によって選べてはいい。クーポンの「0cb992」を入力して、10%のディスカウトを得ることができる。さっそくチェックしてください。


[PR]
by coolkid9506 | 2017-12-11 17:58 | レビュー | Comments(0)

タイトル通りです


by coolkid9506