想像を超えて、DJI Telloで不可能な場所から最高の一瞬を捉える

  近年がだんだん発展しているスマートフォン撮影機能や関連設備は、撮影愛好家が手軽にベストショットをキャプチャすることを力になっています。しかし、撮影の分野に創造力というものは、より珍しい場所でだれでも試してみなかった角度でユニークな写真をとることだ。でも、その条件を満たすほど、危険性が高くになる。もう一つの問題は、人力だけでは、そんなに簡単で撮れる写真ではない。

f0390224_12482904.png

  ならば、高画素カメラを搭載し、空に飛ぶことができるドローンが最優なサプアイテムになった。その分野を言えば、DJIという会社を言いかけなければならない。2006年以来12年間絶えずに多様な消費者を向け、高質なドローンとRC飛行方案を提供していて、間違いなく現在ドローン業界の先駆者と大手である。

  最近米ラスベガスで開催された「CES 2018」に合わせて、Ryze Tech社がDJIとIntelの技術基盤を活用して、初めて200g以下の小型ドローンDJI Telloを発表された。重さはのみ80gで、航空法管制対象外になっただけでなく、価格ももっと初心者向け、検討する価値がずいぶん高い。

コスパ的な高性能――DJI Telloトイドローン

  Telloのサイズが98*92.5*41mm、3インチのプロペラと取り出し可能なバッテリーを含めた重量は約80gで、改正航空法の規制対象(200g以上)外となる。最大飛行距離は100m、最大飛行時間は13分で、最高速度は秒速8m。室内の飛行なら十分です。

  専用アプリを使って、ワンタッチフライト機能も搭載。手の上から空に投げさすと自動で起動、360°ぐるりと回転しながら撮影したり、フリップさせたり、衝突検知システムのおかげで、障害物コースを通過することなど、いろんな遊び方がある。

  Intel 14コアのMovidius Myriad 2 VPUを搭載、五つのセンサーからリアルタイムデータを受信する。またDJIの飛行安定技術も採用して、スマホとの接続を途切れるまた電量が不足になると、安全的に自動で着陸する。また専門なドローンコントローラとVRヘッドセットを接続することもサポート。子供やドローン初心者でも快適な飛行を楽しめる。

  720P/30fpsで撮影できるデジタルカメラを搭載しており、500万画素の撮影も可能。ジンバルなしなので、電子手ブレ補正が対応、効果は未知数。それにすごく便利なのは、撮影データはドローン本体ではなく、直接的にスマホ側で保存する。


専用デバイスをサポート

  Telloはスマートフォン、タブレットと互換性があり、さらには、BluetoothとVRヘッドセットを接続することもでき、撮影・録画だけでなく、第一視角で没入感を一層高めることもできる。

完全にプログラム可能な

  コーディングシステムのScratchでプログラムも可能で、事前にパソコンでプログラムを組むことで自由に飛ばせることができ、多様なパフォーマンスにも使えるので、初心者だけでなく、すべてのドローン愛好者にもわくわくになる機能だと思う。


[PR]
by coolkid9506 | 2018-01-19 12:49 | Comments(0)

タイトル通りです


by coolkid9506