Huawei Honor 6Aのスペックチェック

  HUAWEIのサプブランドであるHonorと言えば、おそらく現在もっともヒートになったHuawei Honor V10を思い出すかもしれません。今回ご紹介になったHuawei Honor 6AV10と同じ特性を持っていて、間違いなく高コスパ端末です。

f0390224_14522289.jpg

Huawei Honor 6Aとは何ですか?

  Huawei Honor 6Aは、Huawei Honor 5Cの後継機として、20175月に発売開始な安価端末です。5インチのHDディスプレイ、プロセッサーにはSnapdragon 430を採用しており、 スペックを抑えたエントリー~ミッドレンジのモデルとなっています。

ディスプレイ

  Honor 6A1,280 * 720ピクセルの画面を持ち、これまでのモデルよりも5インチのディスプレイがあり、画面の明るさもまた望ましいものになっています。過度に反射するスクリーンと組み合わせると、この低い明るさは日当たりの良い設定では表示を困難にする可能性があります。それでもなお、これは細かいことではありません。画面が小さくなるにつれて、ピクセル数がそれほど明白ではなく、色が鮮やかで、簡単に作成できます。電話機はIPS LCDディスプレイを使用しているため、画面はあらゆる角度から簡単に表示できます。

仕様

Honor 6Aは、優れたバッテリ寿命を備えています。それは充電を必要とせずに1日を可能にする3,020 mAhのバッテリーで動作します。iFitは極端に慣れていません。 Huawei氏によれば、4Gのブラウジングとサーフィンのために電話を最大10時間使用することができます。電話はまた、12時間分のビデオの料金を維持することができます。

  この電話機はEMUI 5.1プログラムを使用しており、Qualcomm Snapdragon 430で動作します。これには16GBのストレージと2GBRAMが搭載されており、MicroSDまたはデュアルSIMを使用するオプションもあります。 Honor 6Aの主なカメラレートは13メガピクセルで、前部セルフカメラは控えめな5メガピクセルの解像度を誇っています。

まとめ

全体的に、Huawei Honor 6Aはうまく機能しており、理由のために人気がありますが、Huaweiは機能や仕様に関していくつかの奇妙な決定を下したようです。ミドルスペックCPU搭載、魅力的なデザインを持っています。価格だけでも他社より競争力が高く、予算が困っている方または安価のサプ機をお探しの方におすすめ


[PR]
by coolkid9506 | 2018-02-13 14:52 | Comments(0)

タイトル通りです


by coolkid9506