RunCam Swift Mini 2カメラのレビュー

  数年前までは、クワッドコーンドローンはこれまでで最も高価なドローンの1つでした。それは素晴らしい機能と息をのむような機能を備えた無人機の愛好家を驚かせたが、ドローンの飛行機を見ることの単なる事実は、その莫大な価格のためにそれを体験するという点で、多くの無人機が大好きだった。

しかし、無人機市場競争が激しくなっていることにしたがって普通民衆に向け安価のドローンもだんだん増えていますその低価化になる理由の一つは、アクセサリ費用にももっと安くなった今回は安価で高品質なRunCam Swift Mini 2 Touch-Scene FPVカメラをご紹介させていただきます

f0390224_16301215.jpg

スペック

モデル

RunCam Swift Mini 2

イメージセンサー

1/3" SONY Super HAD II CCD

水平解像度

600TVL

レンズ

2.1mm (M12)FOV165°

2.3mm(M12) FOV 150°

信号システム

PAL / NTSC

統合OSD

対応

ワンキーシーン

Personal / Lightrax / Outdoor / Indoor / Cloudy / Twilight

S/Nラジオ

>60dB (AGC OFF)

電子シャッター速度

PAL: 1/50~100,000

NTSC: 1/60~100,000

AGC

対応

WDR

D-WDR

DNR

2DNR

重量

12g

サイズ

22.3*22*26mm

特徴

信号耐性のための自動利得制御

  無人機が空気中を飛ぶので、信号出力が弱くなり、それによってカメラが捕捉できる画像の品質に影響を与えるのは当然のことです。ただし、オートゲインコントロールを使用すると、RunCam Swift Mini 2は、カメラの信号がどの程度悪いかに関わらず、カメラが一定の振幅で信号をキャプチャしてリレーすることができます。

最小照明

  夜間に無人機を飛ぶことがあるので、明るい場所でも画像を撮影できる強力なカメラが必要です。この無人機カメラは、最低照度が0.01Lux @ 1.2Fであるため、無人エリアの一部に無人機で飛んできても、かなり鮮明な画像が得られます。夜の闇の中で、または暗い、閉鎖された空間であれ、あなたはそれを蹴散らして届けてくれると信じることができます。

強力なレンズとシャッタースピード

  恐らく移動するターゲットをキャプチャすることは、おそらくカメラの最も難しい機能の1つです。しかし、RunCam Swift Mini 2はこの一見不可能な作業を微風のように見せます。はじめに、このドローンカメラのレンズには、最大2.1mmM12)のFOV165 / 2.3mmM12FOV 150の内蔵機能が搭載されています。これは、特に動きをキャプチャする場合に最適な視野ですオブジェクト。あなたがP.A.Lにそれを追加すると:1/50100,000; N.T.S.C1/60100,000のシャッタースピードで、どんな重大な物も見逃さないことを確かめることができます。

画像の多様性と多様化した信号システム

  それが無人機カメラであるということは、あなたの写真をカスタマイズできないということを意味しません。ワンキーのシーンでは、パーソナルからアウトドア、ライトラックス、インドア、トワイライト、曇りまでさまざまな条件でオブジェクトの写真を撮ることができます。白黒写真の場合はNTSC、カラー写真の場合はPALのいずれかにカメラを設定することもできます。

携帯性とバッテリー消費電力

  カメラの重さは12gで、サイズは22.3*22*26mmであるため、ドローンに装着していないときに持ち運ぶことができます。パワフルなDC 5-36Vは、120V @ 5V / 60mA @ 12Vの電流を供給します。長時間カメラに電力を供給するのに十分です。

まとめ

RunCam Swift Mini 2を無人機の理想的なカメラだと判断してもいい高品質でお手頃なFPVカメラをお探しの方におすすめ!


[PR]
by coolkid9506 | 2018-02-23 16:30 | Comments(0)

タイトル通りです


by coolkid9506