OnePlus 5Tのレビューとスペックチェック

  今年日本でも大ヒートになったOnePlus 5の発売からただ5か月後の先月、最新のOnePlus 5Tが発売された。ちなみにOnePlus 5の価格はメモリ6GB版が475.99ドル、8GB版が549.99ドルで、今回新型のOnePlus 5Tとは約2600円ほどの価格差ですが、前モデルの欠点を改善したりもっと良いディスプレイとカメラレンズを採用して、お買い得感を一層高くになった。
  今回は、この新モデルのOnePlus 5Tのスペックをチェックしてみましょう。


スペック

魅力点

  • 高質ディスプレイを採用

  ディスプレイの逆付によるジェリースクロール現象など前モデルのOnePlus 5のフィードバックと不満点を改善しながら、OnePlus 5Tは18:9、1080*2160ピクセルの6.01インチディスプレイを採用して、また多様な光度調節モードで、夜にも読書の時にも目保護になる。


  • 高性能と大容量

  SoCにはQualcommのフラッグシップモデルであるSnapdragon 835を搭載。メモリは大容量な6GBを採用しており、上位モデルとしてメモリ8GBを搭載したモデルも用意されています。
  AnTuTuによって、Snapdragon 835の総合性能は170000点前後、3D性能は67000点前後で、Snapdragonの中にでは現役の最高性能を誇るフラッグシップSoCです。高性能と大容量の組合せで、日常使用またゲームにしてもスムーズに動いてくれます。


  • 日本語に完全対応

  日本語に対応したOxygenOSを採用している以上、端末の独自機能も日本語に対応。日本人ユーザーでも、遠慮なく払いやすい端末です。


  • ダッシュチャージ

  OnePlusスマホ専用のDash Charge(ダッシュチャージ)技術、同梱している充電器を利用すればダッシュチャージ可能。3300mAhのバッテリーには続航能力が20%も上がりました。

 

  • デュアルカメラ

  OnePlus 5Tはズーム機能を廃止した代わりにメインカメラと同等のF値1.7の非常に明るいレンズを搭載しています。明るい場所での撮影はもちろん、薄暗い場所でも綺麗な写真が撮れるカメラ仕様となっています。さらに人物に対して、専用なポートレートモードが配置、写真初心者でも楽しく撮影ができます。


まとめ
  高質なディスプレイ・SoC、また大容量なメモリ搭載し、日本語に完全対応まで、5万円程度には、こんなスペックのはOnePlus 5Tにはありません。


購入法

  海外通販サイトbanggood.comを経由して、6GB/64GBバージョンはのみ$499.99で買えます。上位バージョンの8GB/128GB版は赤・黒・白の三色展開で、$584.99に限定セール販売中。さっそくチェックしましょう。


[PR]
by coolkid9506 | 2018-03-09 19:01 | Comments(0)

タイトル通りです


by coolkid9506