Teclast F7、Intel Celeron N3450搭載でアルミボディながら僅か1.23㎏の14.1インチの中華ノートPC

  有名な中華タブレットPCメーカーTeclastから、Intel Celeron N3450を搭載した14インチのノートPC「Teclast F7」が発売。
  同時期にリリースしたF6 ProがCore Mを搭載したことと違って、F7は構成的に価格と性能のバランスが取れたバジェットノート製品の一つです。Teclast F7はIntel Celeron N3450を搭載、JumperやCHUWIまたVOYOのそれとよく似た構成となったが、14.1インチノートでIPSディスプレイというのは一つ差別化になった。それに、洗練なメタルボディではわずか12.3kgの重量にも気になる点となった。

f0390224_18192532.jpg


スペック

ブランド

Teclast

モデル

F7

OS

純正Windows 10 Home 64bit

ディスプレー

IPS液晶 1920*1080

画面サイズ

14.1インチ

CPU

Intel Celeron N3450

GPU

Intel HD Graphics 500

メモリ

6GB

ストレージ

64GBeMMCM.2 SSD 2242増設可能

カメラ

2.0MP

キーボード

バックライトなし

外装素材

フルメタル

ポート

1*USB 3.0 Type-A

1*Micro HDMI

1*Micro SDスロット

1*拡張用SSDスロット

Wi-Fi

802.11 a/ac/b/g/n

(2.4Ghz/5G dual wifi)

バッテリー

4900mAh

サイズ

31.5 x 20.85x 1.35 cm

重量

1.23kg


良かった

  • 洗練なデザインとメタルボディ

  Teclast F7の外装は兄貴分のF6 Proと同じくフルアルミ合金製のシルバーシェルです。A面には余計なロゴなどのデザインはなく「no ID」デザインになっています。エッジ部分はダイヤモンドカットされスムーズできれいな仕上がりになっています。


  • 同価格段にとっては高質と言えるディスプレイ

  14.1インチのフルHD(1920*1080ドット)IPSディスプレイを搭載、視野角は問題なし、シャープで優れた表示を提供してくれます。バジェットノートながら高品質ディスプレイを採用することはかなり気に入りました。

同レベルにはかなり高質なディスプレイ


  • 日常には十分な性能

  Teclast F7のCPUはIntel Celeron N3450です。最近の安価なモバイルノートではよく採用されるCPUです。Core m3と比べるものではないが、価格とパフォーマンスのバランスが取れた製品という印象。一般的な日常使用なら十分だ。内蔵グラフィックスはHD Graphics 500で、軽いゲームなら大丈夫。メインメモリは6GB eMMCですが、M.2スロットが搭載で、2242サイズのSSDを増設可能。64GBのストレージが足りない場合に手軽い増設できます。

価格的な高性能


  • Windows 10 Home 64Bitを初期セットアップ

  Teclast F7のOSはWindows 10 Home 64Bitを初期セットアップしており、日本語を選択すれば日本語環境が利用可能です。仕事なら便利。


  • 接続性

  デュアルバンドWi-Fiで802.11 a/ac/b/g/nが利用可能、Bluetoothは4.2で特に問題なし。Micro HDMIスロットも設置しており、コンピューターやテレビに映すことも便利。


イマイチ

  • Type-Cではなし
  • キーボードはバックライトがなし


まとめ
  バジェットノートとして、価格的な高質ディスプレイを採用しており、14インチで1.23kgというサイズと重量は他の製品と比較してもかなり抜群だと感じました。イマイチもあったけど、ずいぶん検討する価値があるノートPCだと判断しています。


購入法
  チェックしてみだが、Teclastはアマゾンに公式ショップがあったけど、Teclast F7は販売していなかった。しかし、中華ECサイトを経由すれば買えます。現時点では、中華通販大手Banggoodには$319.99で、送料無料。気に入るなら、さっそくチェック!


[PR]
by coolkid9506 | 2018-03-21 18:20 | Comments(0)

タイトル通りです


by coolkid9506